エステ

個人でエステサロンを開業するメリットデメリット|成功のポイントや注意点も

個人でエステサロン開業を考えているけれど、「本当に開業できる?」「失敗したらどうしよう」など不安に感じている方も少なくないでしょう。

エステサロンは、特別な資格や免許が必要ないため個人でも開業しやすく、多くのエステサロンが参入しています。

しかし、開業すれば必ず成功するわけではありません。

この記事では、個人でエステサロンを開業するメリットやデメリットを紹介していきます。

成功のポイントや注意点も解説しているので、個人でのエステサロン開業を目指している方はぜひ参考にしてください。

個人でエステサロンを開業するメリットはなに?

個人でエステサロンを開業するメリットには、次の3つが挙げられます。

  • 自分の理想のサロンを実現できる
  • ワークライフバランスを実現できる
  • 低予算で開業できる

それぞれのメリットを、具体的に解説していきましょう。

自分の理想のサロンを実現できる

個人でエステサロンを開業する最大の魅力は、オーナーとして自分の理想のサロンを実現できることです。

既存のサロンに勤めているエステティシャンは、サロンの方針に従わなければならないため、自由に施術や商材を取り入れることはできません。

開業しても大手の傘下やフランチャイズ契約の場合は、決められた施術や商材以外扱えず、ブランドを守るためにサロンの形式や雰囲気も揃える必要があります。

しかし、個人で開業するのであれば、行う施術内容や取り扱う商材だけでなく、サロンの雰囲気やテーマも含めて、思い描いたサロンを作り上げることが可能です。

ワークライフバランスを実現できる

個人で経営するエステサロンは、ワークライフバランスの実現にも向いています

ワークライフバランスとは、仕事と生活のバランスを取り、充実した働き方や生き方をすること。

個人経営であれば、営業時間や方針を自由に設定できるため、無理のない生活設計を立てることが可能です。

家事や育児と仕事を両立させたい、年を重ねても続けられる仕事を得たいなど、理想のライフスタイルを叶えられるのも、個人でのエステサロン開業の魅力でしょう。

低予算で開業できる

エステサロンを開業するには資金が必要ですが、施術内容や扱う商材によっては低予算でのスタートが可能です。

さらに、自宅の一室をサロンルームにして開業するのであれば、家賃がかからず固定費を抑えることができます。

オールハンドの施術であれば、高額の美容機器を揃える必要もありません。

自宅のリフォームや備品等の購入で初期費用は掛かりますが、個人で用意できるだけの資金で始められます。

個人でエステサロンを開業するデメリットも抑えておきましょう

個人でエステサロンを開業するには、デメリットもあります。デメリットは、主に次の3つです。

  • 集客や宣伝をすべて自力で行う必要がある
  • 最新の機材を揃えにくい
  • 安定した収入を確保できるか分からない

それぞれ詳しく解説していきます。

集客や宣伝をすべて自力で行う必要がある

個人でエステサロンを経営するなら、集客や宣伝もすべて自力で行わなければなりません。

大手サロンであれば、新聞広告やWeb広告などを行う資金もあり、ブランド力やネームバリューを使っての集客が可能です。

しかし、個人サロンは一から自分で開拓していく必要があります。

InstagramやX、LINEなどのSNSを上手く活用しましょう。

最新の機材を揃えにくい

エステ業界では、常に美容機器のアップデートが行われ、使用している機材も数年後には旧モデルになってしまいます。

最新のモデルの方が費用対効果は上がりますが、美容機器は高額なため、個人経営のエステサロンでは常に最新モデルに買い替えるのは難しいでしょう。

旧モデルを使い続けることで大手との差が出てしまえば、せっかく美容機器を扱った施術を謳っていても顧客にとって魅力ではなくなってしまいます。

個人のエステサロンは、美容機器に頼らない施術ができるといいでしょう。

安定した収入を確保できるか分からない

自営業は、毎月安定した収入を得られるわけではありません

個人経営のサロンは、収入がそのまま自分の頑張りにつながります。月の来店数や販売数が少なければ、思ったような売り上げにならないこともあるでしょう。

社会情勢の不安により、突然売り上げが落ちることもあります。

個人経営の場合は、収入面での不安定さは避けられません。

個人のエステサロンを成功させる4STEP

次に、エステサロンを成功させる4STEPを紹介します。

  1. エリア内の競合サロンや市場のリサーチを行う
  2. 仮想顧客を想定しターゲットを決める
  3. キャンペーンやクーポンを利用し来店を促す
  4. 強みをアピールしリピーターを増やす

ひとつずつクリアしていくことで、成功しやすくなるでしょう。

STEP1|エリア内の競合サロンや市場のリサーチを行う

まずは、開業したいエリアにある競合サロンや、行いたいエステのリサーチを行います。

行いたいエステの競合店がすでにあったり、トレンドではなかったりすると、集客が難しいかもしれません。

自分がやりたいという想いも大切ですが、その場所で人が集まるのか、施術内容を魅力に思ってくれるのかも成功するには大切なポイントです。

STEP2|仮想顧客を想定しターゲットを決める

リサーチを行い、サロンの出店場所や施術内容、扱う商材などを決めたら、具体的な仮想顧客を想定し、求めるターゲットを定めましょう

ターゲットが明確でないと、サロン作りや広告宣伝において適切なアプローチができないからです。

ターゲット層が定まったら、仮想顧客に向けてサロン作りをし、ターゲットに届く媒体を選んで広告宣伝を打ちます。

STEP3|キャンペーンやクーポンを利用し来店を促す

新規顧客獲得には、オープン企画や割引券など、お得なキャンペーンやクーポンで来店を促しましょう

いくらよい施術や商材を扱っていても、ブランド力やネームバリューのない個人エステでは、来店につなげるのは大変です。

お得なキャンペーンやクーポンは、初めての方にも分かりやすいメリットなので、上手く取り入れて来店に導きましょう。

STEP4|強みをアピールしリピーターを増やす

エステサロンを継続して運営していくには、新規顧客の獲得だけでなく、リピーターになってもらうことが大切です。

リピーターと新規顧客を増やすには、「次も来たい」「知り合いに紹介したい」と思ってもらうこと。そのためには、魅力に感じてもらえる強みが必要です。

エステサロンであれば、「お客様の肌の悩み解決」でしょう。

通い続けることで悩みが解決すると思ってもらえるように、カウンセリングや施術、アフターフォローを行う過程で、強みをしっかりアピールしていきましょう。

個人でエステサロンを運営する3つの注意点

最後に、個人でエステサロンを運営するときの注意点を3つ紹介します。

  • 個人情報の取り扱いに注意
  • 格安での提供や安易な値下げはNG
  • 支出はできるだけ抑える

しっかり押さえておきましょう。

個人情報の取り扱いに注意

顧客の名前や連絡先、相談内容や購入履歴など、個人情報の取扱いに注意しましょう。

個人情報を外部に流出させてしまうことで、顧客に不利益やトラブルを与える可能性があるためです。

個人情報の扱いが不適切だと顧客に迷惑を掛けるだけでなく、オーナーの信用にも関わります。

カルテの管理も含め、適切な対応を心掛けましょう。

格安での提供や安易な値下げはNG

集客や売り上げアップに焦って、格安でメニューを提供したり安易な値下げは行なわないようにしましょう。

最初にメニューを格安にしたり値下げをしてしまうと、顧客にとってその価値しかなくなってしまいます。

よい施術や商材であれば相応しい価格で提供するべきですし、やるべきは値下げではなく、いかに良いものかを伝える努力です。

支出は出来るだけ抑える

支出を出来るだけ抑えることも大切です。

初月は新規顧客が増えても、リピーターにつながらず思ったほど売り上げが得られないことも考えられます。

予期せぬ出来事によって、予定ほど働けない月もあるかもしれません。

安定した運営ができるようになるまでは、なるべく支出を抑えて運転資金をキープしておきましょう。

理想のエステサロンを開業して成功を目指しましょう!

個人でのエステサロンの開業は、自分の理想を具現化できたりワークライフバランスを実現できたりなど、メリットがたくさんあります。

収入が安定しないなど不安定な面もありますが、低予算で開業ができ、頑張り次第では規模を広げて多店舗展開も可能です。

紹介した成功へのSTEPや注意点も参考に、理想のエステサロン開業を目指しましょう。

エステサロンの集客・売上UPはREVIにお任せ!

REVIとは陶肌トリートメントで有名なエステサロン向け商材です。

REVIは確かな品質の商品力と非常に高い集客力で数多くのサロン様に導入頂いています。

REVI導入のメリット

新規顧客の集客

リピーターの獲得(驚異のリピート率90%越え!)

ホームケア商品の物販で、顧客単価UP!

>REVIについて、もっと詳しく見る

REVIナビでは単なる商品の導入だけでなく、施術方法のサポートも行います。
簡単に集客力の高い陶肌トリートメントのメニューを導入可能ですので、是非一度ご相談ください。

お問い合わせはこちらから

    LINE追加でお気軽にご相談ください!

    友だち追加

    ※友達を追加すると、QRコード画面(PC)またはLINE公式アカウントの追加ページ(スマホ)に飛びます。

    RELATED POST
    REVI導入を検討されているサロンオーナー様はこちらからお問い合わせください。
    REVI導入相談する
    REVI導入相談はこちら