エステ

エステで働くには資格が必要?スクールへ通ったほうが良い?

「エステの仕事に就くには資格が必要?」
「資格が取れるのはどんなスクール?」
「エステの資格を取得するメリットは?」

エステの仕事に就こうとお考えの方は上記のような疑問はありませんか?

資格というのは知識や技術を示す指針となりますし持っておいたほうが良いというイメージがありますよね。

そこで今回は、エステティシャンを目指す方のために、資格を取得するメリットやスクールについてお伝えします!

スキルアップの為に資格取得を検討しているという方もぜひ最後まで読んでいただければと思います。

エステの仕事に資格は不要

美容エステを受けている女性

エステの仕事に就くのに特別な資格は必要ありません。

美容院で美容師として務めるには国家資格である「美容師免許」が必要です。その為、同じ美容の仕事であるエステティシャンも資格が必要なのでは?と思われるかと思います。

しかし、不要といっても「認定エステティシャン」を取得すると活躍の幅が広がります。エステの仕事に就く方はぜひ取得を目指しましょう。

国内のエステの民間資格

国内でも最も認知度の高い2つの資格は下記です。

日本エステティック協会AJESTHE認定エステティシャン
・日本エステティック業協会AEA認定エステティシャン

日本エステティック協会AJESTHE認定エステティシャンとは基礎から応用まで幅広い知識を証明できる資格です。

資格取得の条件は下記です。

  • 協会認定校で300時間以上あるいは1,000時間以上のコースを修了
  • コースを修了していない場合、実務経験が1年以上
  • エステティシャンセンター試験に合格すること

資格認定試験は、筆記試験と技術試験の両方に合格する必要があります。

次に、日本エステティック業協会AEA認定エステティシャンについてです。

エステティシャンとしての基礎知識・技術に加えて、接客マナーや禁忌事項を有し安全な技術提供ができることを証明できる資格です。

資格取得条件は下記です

  • AEAの認定校で300時間相当のコースを履修
  • コースを履修していない場合、エステサロンにて1年以上実務経験

資格認定試験もまた、筆記試験と技術試験の両方に合格する必要があります。

国外の主なエステの資格

国際資格ではありますが、国内のエステスクールや専門学校で取得が可能です。

まずはCIDESCOを紹介します。

スイスのチューリッヒに本部があるエステティシャンの国際組織です。

国内外で通用するスキルを証明できます。CIDESCOインターナショナル・エステティシャンの資格取得者のみ採用を行うエステサロンもあるほどです。クルーズシップやホテルスパ、サロンオーナーを目指す方も取得しておくと良いでしょう。

こちらの資格取得条件は一般受験と学生受験により異なります。

一般受験の場合

  • ・エステティック教育機関にて600時間以上の基礎教育課程を修了
  • ・日本エステティック協会認定のエステ資格を取得している
  • ・3年以上の実務経験

学生受験の場合

・シデスコ認定校にて1200時間以上受講する

・2年以内にエステティックサロンまたはスパで600時間の実務経験 

次に、INFAをご紹介します。

国際エステティック連盟であるINFA(International Federation of Aestheticians)は、世界で唯一のエステティック教育専門国際組織です。

資格取得条件はINFAの認定スクールで規定のカリキュラムを修了し、修了試験に合格すること。その後、国際試験に合格するとINFAの資格を取得できます。

海外では働く予定はなくても、CIDESCOやINFAの資格を取得している事で、高い技術を持つことの証明となり、キャリアアップを狙いたい方にもおすすめです。

エステの資格を取得するメリット 

エステティシャンの施術写真

エステの仕事に就くには資格は不要なので、取得しなくても良いかなと思ってしまいますよね。しかし、取得しておくと多くのメリットがありますのでお伝えします。

技術・知識が身に付く

資格取得のためにエステスクールに通うことで「質の高い知識・技術」を学べるというのは大きなメリットです。

未経験でエステの仕事に就くこともできますが、研修でスクールと同等の知識や技術を学ぶのは中々難しいです。多くのエステサロンがしっかり学んでからお客様デビューは現実的には難しく、まずは必要最低限の技術と知識を短期間で仕込み、自信がないままお客様デビューせざるを得ないでしょう。資格を取得することで自分自身への自信にもつながります。

信頼を得やすい

知識や技術の証明となる資格を持っていることで、お客様からは安心して任せられるエステティシャンとして信頼を得やすいでしょう。

また、お客様がお店を選ぶ際にも資格を持ったエステティシャンが在籍しているかは判断材料となり得ます。

信頼だけではなく、集客の面でも有利となります。

優遇されやすい

資格を持っていることで就職や昇給の際には有利に働きます。

エステサロンによっては資格手当がもらえる場合もありますので、無資格の人よりも優遇されやすいです。

また、質の高い施術を提供することで指名数を伸ばせたり、リピーターを増やせる面でも昇給の際には良い実績のアピールとなるでしょう。

就職に有利となる

就職の際の応募条件として、AJESTHE認定エステティシャン等の資格を取得していることが応募条件となるエステサロンもあります。

履歴書にも保有資格として記載できますし、未経験であっても就職や転職の際には良いアピールとなります。

また、クルーズシップやホテルスパといった質の高い技術が求められるサロンに就職したい場合にも資格を持っていることで有利に働くでしょう。

エステの資格が取得できるのはどんなスクール?

美容サロン外観

認定校で学ぶことで資格取得が目指せます。日本エステティック協会や日本エステティック業協会といった協会から認定されているスクールを選びましょう。

認定スクールで学ぶこととは?

エステスクールではエステティシャンに必要な理論と技術の課程を中心にカリキュラムが組まれています。

スクールで学べる理論をいくつか紹介します
・エステティック概論
・皮膚科学
・解剖生理学
・運動生理学
・栄養学

このほか関連法規から経営学まで幅広く学びます。

スクールで学べる技術は下記です。
・フェイシャルエステ、ボディ
・リフレクソロジー
・脱毛
・メイクやネイル

美容と健康に関する多くの技術が身に付きます。

エステスクールを選ぶ際のポイント

エステサロン内観2

数あるエステスクールの中から、何を基準に選べば良いのか迷ってしまうかと思います。

費用のことも考えると、自分に合ったスクールで学びたいですよね。

スクール選びにポイントとなる点を3つお伝えします。

生活スタイルに合わせて選ぶ

働きながらだったり子育てをしながらでも通えるように多くのスクールではコースが豊富です。

  • 平日のみ
  • 夜間が中心
  • オンラインで学ぶ

自分の生活スタイルに合わせて学べると負担も少なく通いやすいです。

サポートが充実している

スクールというのはスキルを学んで終わりではありません。

就職サポートに手厚いスクールもあります。プロが面接対策を行ってくれたり、就職、または転職のアドバイスを受けると良いでしょう。

エステスクールで学ぶゴールを決めておく

何のためにスクールに通うのかゴールを決めておきましょう。

  • 技術や知識を身につけたい
  • エステサロンを開業したい
  • 資格を取得したい

エステスクールを見学する際に、自分のゴールが達成できるコースがあるか確認しておきましょう。

まとめ

美容施術をする風景

いかがでしたか?今回はエステスクールに通い、資格を取得することで、多くのメリットが受けられることをお伝えしました。経験を積んだプロから技術や知識を学べますし、認定校は資格取得の条件を満たせます。その為、エステティシャンとして活躍の幅が広がります。自信をもって長くエステの仕事に従事するためにも資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

エステサロンの集客・売上UPはREVIにお任せ!

REVIとは陶肌トリートメントで有名なエステサロン向け商材です。

REVIは確かな品質の商品力と非常に高い集客力で数多くのサロン様に導入頂いています。

REVI導入のメリット

新規顧客の集客

リピーターの獲得(驚異のリピート率90%越え!)

ホームケア商品の物販で、顧客単価UP!

>REVIについて、もっと詳しく見る

REVIナビでは単なる商品の導入だけでなく、施術方法のサポートも行います。
簡単に集客力の高い陶肌トリートメントのメニューを導入可能ですので、是非一度ご相談ください。

お問い合わせはこちらから

    LINE追加でお気軽にご相談ください!

    友だち追加

    ※友達を追加すると、QRコード画面(PC)またはLINE公式アカウントの追加ページ(スマホ)に飛びます。

    RELATED POST
    REVI導入を検討されているサロンオーナー様はこちらからお問い合わせください。
    REVI導入相談する
    REVI導入相談はこちら